歯医者さんが怖いのは恥ずかしいことなんかではありません!

行きたくないのは痛いからですか?

歯医者さんに行きたくない第1位はきっと”痛いから”ではないでしょうか。
子供の頃受けた治療の痛みがトラウマ化している人も少なくありません。

しかし、近年では歯科医療も日々進化して「無痛治療」という治療法を選択できる歯科医院もたくさんあります。
全身麻酔で寝ている間に虫歯治療出来るものもありますが、意識がない状態で治療されるのが怖い方は、痛くない方法で麻酔を口腔内に打ち治療する事や笑気ガスを吸引して頭がホワホワしている状態で恐怖なく治療することも可能なのだそうです。

最近では子どもが「歯医者さんにまた遊びに来たい」と私たちが子供の頃にはなかなか聞くことのできないようなセリフを聞くこともあると歯科医の方が笑って話してくれるほどに、痛みや恐怖とは無縁の場所になっているかもしれません。

匂いや音が嫌いですか?

小さい頃のトラウマのもう一つは、あの歯科医院に入った瞬間の消毒液のツーンとした香り、それに併せてキーンという何かを削り取る音ではないでしょうか?
キーンという音の正体はタービンという機器の音なんだそうです。
このタービンの音も、最近では昔よりかなり静かになったみたいです。
ただ、全く音がしないわけではないので、耳栓やイヤホンを使用しても良いか医師に相談してみるのも手だと思います。
また、自由診療にはなりますが、削らない治療というものもありますので参考にしてみて下さい。

匂いに関しても、消毒液自体の匂いが薄くなり、アロマポットや空気清浄機などで心癒される匂いにこだわる歯科医院も増えています。
これもまた、全く匂わないということではないかも知れないので、ハンカチなどにお気に入りの香りをつけて身に着けて治療を受けてみてはいかがでしょうか?


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top